• 2018年10月25日
Amazonギフト券は街の金券ショップで売れるか

友人知人への贈答品として使える、便利で手軽なamazonギフト券。
人によっては自分で使ってしまう、という方もおりますが、ギフト券や、そもそもamazonに馴染みのない方ですと「自分で使うのもなあ……」「amazonは利用していないからなあ……」とその使い道を悩んでしまいますよね。

1:ギフト券は使う人にとっては便利ですが……

少なくとも自分では使わない、でも人に譲るほどの金額でもない。
こんな場合、
「じゃあ売ってしまえば良いじゃない!」
……と、試行錯誤の末、こんな考えに思い至る人も少なくないでしょう。
そして、
「でもamazonのギフト券って、商品券と同じ取り扱いで良いのかな?」
「そもそもこのギフト券、街中にある金券ショップで売れるの?」
という疑問に辿り着くのではないかと思います。

1-1:amazonギフト券、金券ショップで売れる?

結論から先に申し上げますと、amazonギフト券は金券ショップではほとんどの場合売ることが出来ません。
一見して良くある商品券と同じように見えるギフト券ですが、多くの金券ショップでは買取りしてもらえないんです。
それは一体何故なのでしょうか。

1-2:ギフト券買取りを阻む3つの壁

amazonギフト券を金券ショップで売れない理由には、以下のようなものがあります。

  • インターネット内で使用する電子マネーだから
  • 不正なギフト券の取締りが大変だから
  • 金券ショップよりも専門店の方が高く買取可能だから

以上のような理由から、2017年現在においてもamazonギフト券を取り扱う金券ショップは探す方が大変、という状況です。
これら3つの壁を、より詳しく順を追って解説していきます。

2:金券ショップがamazonギフト券を買い取らない理由

2-1:amazonギフト券は商品券とは違う

まず、amazonギフト券は大別して以下の2種類に分けられています。

  • デジタルタイプ
  • 配送タイプ

デジタルタイプは、注文した直後にすぐギフト券番号が届くため今すぐ利用したい人(自分で使うにしても、贈り物にするにしても)向け&送料もかからないお手軽なタイプ(配送タイプでも、急ぎでなければ無料のようです)。
“Eメールタイプ”“印刷タイプ”“チャージタイプ”がこのデジタルタイプにあたります。

一方配送タイプは、文字通り形ある物として贈られて来る、よりギフトらしいタイプです。
“ボックスタイプ”“封筒タイプ”“グリーティングカードタイプ”“マルチパック”がこの配送タイプにあたり、ラッピングされた可愛らしい状態で届くので、プレゼントされた側は嬉しくなってしまうでしょう(amazonを利用しない人だったとしても)。
カードタイプそのものは、今ではコンビニやドラッグストアなどでも見かける機会が多くなりました。

形があるか否か、という分類こそあるものの、amazonギフト券はインターネット内で使用される電子マネーです。
amazonは電子商取引(ネットショッピング)のお店。
ほぼネットショッピングでしか使用されないギフト券を、あえてアナログの金券ショップで取り扱う必要があるかと問われれば、その必要性は非常に軽微と言えます。

2-2:世にはびこる不正ギフト券の存在

2つ目の理由に挙げられるのが、ネットショッピングには必ず付いてまわる“不正”“詐欺”などの問題です。
人によっては面倒な買い物をインターネット上で完結出来る、という点は便利である反面、不正への対処が難しいというデメリットも抱えています。
こればかりはどれだけ時代と共に技術が進もうとも、あまり改善は見込めない問題でしょう。
買い物をして生きる糧を得るのが人間ですし、その人間を利用しようと詐欺を働くのもまた人間なのですから、堂々巡りですね。

例えば、皆さんは今、金券ショップの店員さんだったとしましょう。
そこへamazonギフト券を売りに来たお客さんがいたとして、以下のことを即座に調べあげ、お客さんを待たせずに対応出来るでしょうか?

  • そのギフト券が使用済みか否か(ギフト券番号が既に登録されてはいないか)
  • そのギフト券は盗まれた物ではないか
  • そのギフト券番号が明確な本物であるという証拠は?(偽造の可能性)
  • そのギフト券を買い取るとして、お客さんの納得のいく金額で買い取れるか

……確認することが非常に多いです。
何よりお客さん側にとっては、この確認作業の時間がとってももったいない!
まして時間に余裕のないお客さんだった場合、「もういい!」と帰ってしまうかもしれません。
(そもそも盗難被害に遭っているギフト券かどうかを即座に、確実に確認すること自体が難しいお話です)

このように、直接売りに行けたとしても待ち時間の方ですら損をしてしまうことが容易に想像出来るくらい、不正ギフト券か否かの確認は難しいのです。
これならば、金券ショップが取り扱いを行わない理由も頷けます。

2-3:amazonギフト券買取を行う金券ショップもあるにはあるが……

勿論、時代のニーズに合わせてamazonギフト券の買取りを行ってくれる店舗もごく少数ではありますが存在します。
運が良ければ、高い値段で買取りを行ってくれる金券ショップにも巡り会えるでしょう。
しかしここで必要なのは運。運です。
ただでさえ少ない買取り可能店を問い合わせるなどして見つけ出し、更に自分の望む高値で、確実に買い取ってもらえる労力と運。
果てしない地平線を見ている気分になります。

3:電子ギフト券はインターネットで買い取ってもらうが吉

そこまでしなければならないのなら、金券ショップを探すよりも、amazonギフト券などの電子ギフト券を取り扱う専門のネットショップで即座に換金した方が早い、というのが当記事における結論です。
専門店ならば取り扱いをamazonギフト券一つに絞っているので対応も迅速ですし、何より売りたいと思った時にその場で売却出来、さして時間もかからず銀行に振り込まれます。

3-1:ギフトグレースの場合は24時間対応

amazonギフト券の買取サイト“ギフトグレース”では、ギフト券の買取を24時間受け付けています。
加えて取引後の入金もスピーディ。わずか10分程度で換金出来るんです。
なかなか外出する時間も取れなくて忙しい、という方でも、素早い換金が可能になります。

また、インターネットでの金銭のやり取りでは、最も気になるのが安全面。こちらもギフトグレースは信用第一を念頭に置き、丁寧なサポートを心がけています。
87%以上のリピート率も、安心安全なギフト券買取サイトの証。
何か不明な点があっても24時間対応でサポートが可能ですので、安心してお申し込み下さい。

3-2:ギフトグレースの登録方法

ギフトグレースは登録方法も簡単です。
簡潔にではありますが、解説していきます。

  1. “ギフトグレース”トップページの右下にある“お申し込みはこちらから”をクリック
  2. 必要情報の入力画面が出てくるので、必須項目を入力(入力ミスのないように!)
  3. 入力した内容を確認し、間違えがなければそのまま送信
  4. 登録完了!

これだけです。
あとは換金したお金を受け取る銀行口座の登録と、ギフト券の登録を済ませ、無事入金されることでお取引も終了です。
少なくとも、金券ショップへわざわざ出かけるよりは簡単ですよね!

まとめ

以上、Amazonギフト券は街の金券ショップで売れるか、その詳細についてご紹介してまいりました。

  • ほとんどの金券ショップではギフト券の買取はNG(難しい)
  • 電子ギフト券はインターネットで換金した方が時間の節約に
  • ギフトグレースなら24時間買取可能!

これらの情報が皆さんのお役に立てたなら幸いです!