amazonプライムに入会するか迷っている人必見!3分で全ての疑問を解決

amazonプライムはamazonで買い物する人なら、誰でも入会できる会費制サービスです。
・年会費は3900円
・使える特典は14個
・送料に関する手数料は全て無料になる
これがおおまかなamazonプライムの概要ですが、まだ入会すべきかどうか迷っている人も多い事でしょう。ここではamazonプライムに入る前に、amazonプライムは実際にどう使えばおトクなのかを徹底的に検証してみます!

1:amazonプライムをなるべくお金を掛けないで利用するには?

amazonプライムは年会費3900円という非常に安い価格設定がされていますが、それでも出来ればお金は掛けたくないのが本音ですよね。確かにまだ利用して いない段階ではどこまで使えるサービスなのか分かりません。まずは無料体験に登録することから始めましょう。ここではamazonプライムを無料、もしくは月払いにして無駄をなくす方法をご紹介します。

1−1:amazonプライムの無料体験は30日間使い放題

amazonではプライム会員に登録する前に無料体験期間を設けています。その期間はなんと30日と長く、ほぼ1ヵ月は正会員と同じサービスが使い放題になるのです。この無料体験の間に全てのサービスを利用してみて、それから判断してみてはいかがでしょうか。もしも無料体験のみで辞めてしまっても、Kindleの電子書籍は4000円引きで買えたり、プライムデーに参加したりも出来ます。無料体験は一回きりのオプションなので、お得に利用することを心掛けましょう !

1−2:月会費制をうまく利用する

amazonプライムは、3900円の年会費制と月々400円の月会費制とに分かれています。そしてこの月会費は申し込みも退会もとっても簡単なので、これを上手に利用してみては如何でしょうか。2ヵ月に一度、入会と退会を繰り返して入会している間にオプションを使うという方法です。例えばamazonプライム会員は全ての配送料が無料になりますので、入会している月にまとめて買い物をしてしまいましょう。amazonパントリーやamazonダッシュボタンを使えば重い家庭用品もまとめて配送して貰えます。毎月必要なものなら月初と月末に注文して翌月はamazonプライムをお休みする、という方法もありますね。これなら実質、年間2400円でamazonプライムを利用出来ますよ。ポイントは入会を申 し込むつど、月会費を更新しないという欄にチェックをしておくことです。

1−3:クレジットカードを作って年会費を無料に!

amazonではamazonの買い物でポイントが貯まるカードを発行しています。amazonマスターカードクラシックとamazonマスターカードゴールドの2種類がありますが、ゴールドなら入会するだけでamazonプライムの年会費は永久的に無料です。初年度の会費が10800円と若干お高めですが、5000万円の海外と国内の損害保険がついたり、空港の主要ラウンジは全て使い放題になりますよ。またamazonの買い物には2.5%のポイントが付きこれらは全てamazonの買い物に充てることが出来ます。利用状況によっては翌年からの年会費もぐっと下がりますので一度検討してみるのも良いかも知れません。

2:amazonプラ イム、どう利用すれば元が取れるか?

せっかくamazonプライムに入会するなら、毎月元が取れる使い方をしたいですよね。
amazonプライムで必ず元が取れると考えられるサービスは以下の配送手数料です。
・2000円以下の買い物に掛かる350円が無料
・お急ぎ便(360円)、当日お急ぎ便(514円)が無料
・配送日時指定便(360円)
amazonで通常配送にすると、いつ届くかはっきりせずなかなか時間が掛かってしまい不便です。その点、お急ぎ便や配送日時指定便にするとサラリーマンでも欲しい日程で商品が手に入ります。しかしamazonプライムの会員でないとプラスで金額が掛かってしまうので躊躇してしまいますよね。プライム会員なら月額325円でこれらのサービスが使い放題です。ノンストレスでamazonの買い 物を楽しめますよ♪

2−2:家族間でアプリを共有する

amazonプライムの会員が一人いれば、アプリ系のサービスは共有で利用出来ます。
amazonプライムにはamazonミュージック、amazonビデオ、Kindleなどのアプリをダウンロードして利用するサービスがありますが同じアカウントを使ってみんなで同時に利用出来ますよ。amazonの規約にはアプリを利用する時に同じアカウントで端末を使えば3台までは共有することが可能だと明記してあります。amazonミュージックやamazonビデオをストリーミングで利用する場合、同じアカウントでログインすることで、それぞれ別々の部屋にいても各自が好きな音楽や映画を楽しむことが出来るのです。
これでもう要らないチャンネル争いはなくなりますね!

2−3:Kindleはくまなく利 用すべきサービス

amazonプライムで一番お得だと思われるサービスは何でしょうか?実はKindleの書籍が読み放題になるサービスが2017年の10月に始まったことで、今までより格段にお得になりました!
従来のサービスでは、Kindleオーナーライブラリーと言って月に一度好きなタイトルの本が読めるだけでした。それがこの「Kindle プライムリーディング」が始まったことでプライムのマークが付いている電子書籍が全て読み放題となったのです。サービスが開始された時点でおよそ900点、和書も洋書も人気のタイトルが多く揃えられています。年会費3900円で、今後は書籍を購入する必要がないと考えると、これは使うべきサービスの一つです。

3:知らないと損をする便利なサービス

amazonプライムには利用出来る特典は下記の通り14も存在します。
・お急ぎ便やamazonプライムナウの利用が無料になる
・日時指定便が無料になる
・2000円未満の商品にかかる送料350円が無料になる
・Primeビデオにある映画やアニメが見放題になる
・Prime musicの100万曲以上の楽曲や音楽が聴き放題
・Kindle端末を安く購入出来る
・Kindleで毎月1冊オーナーライブラリーから選んで無料で読める
・Kindle Fireタブレットを4000円引きで購入出来る
・プライムセールに参加できる
・会員のみタイムセールに30分前から優先的に参加できる
・Prime Photoを無料で利用出来る
・amazonカードのポイントが2%になる
・amazonパントリーの利用
・amazonダッシュボタンの利用
その中でもこれを利用すると日々の生活がぐんと楽になる特典をご紹介していきます。

3−1:amazonプライムナウは最短1時間で商品が届く

amazonプライムの会員のみが使える特典の一つに「amazonプライムナウ」があります。
これは商品を注文してから4時間以内、最速のものなら1時 間以内に配送されるサービスです。使える地域は下記の通り、都心や主要都市に限られていますが、もし自宅が該当地域に当てはまるならぜひ利用しましょう。提携しているのはドラッグストアや百貨店なので、急な発熱やホームパーティの準備にも役立ちますね。知っておくといざという時に大変便利なサービスと言えるでしょう。

3−2:amazonダッシュボタン

amazonダッシュボタンもプライム会員のみが利用出来るサービスです。常時必要となるトイレットペーパーやドッグフード、お米や調味料などのボタンを購入しておけば足りなくなった時にボタンを押すだけで商品を配送して貰えます。今まで車でスーパーに買い出しに行っていたような商品もボタンを沢山揃えておけば、家に居ながら全て購入出来ます 。amazonダッシュボタンは購入に500円掛かりますが、後で還元されるので実質無料となります。少しでも日々の家事を軽減するためにぜひ利用しましょう!
まとめ
如何でしょうか。この記事ではamazonプライムについて少し違った視点からそのお得な利用方法についてまとめてみました。
amazonプライムの会費を安くしたり、アプリを共有してみたり、便利な特典を利用したりとせっかく入会するプライム会員を無駄なく使ってみませんか?
amazonプライムを便利にお得に利用出来れば、amazonがさらに好きになりますよ!