• 2019年1月03日
アマゾンギフト券の詐欺の手口を一挙紹介

アマゾンギフト券の詐欺の手口を一挙紹介

インターネット通販の拡大により電子マネーの利用が大幅に拡大しています。
その反面でアマゾンギフト券を始めとした電子ギフト券を悪用する詐欺が増加傾向にあります。

自分は大丈夫!と思いがちですが、
詐欺師はSMS、メール、電話、DMを用いて巧みに使ってあなたを陥れます。

その手口は巧妙で、知識では知っていても、
当事者になった時のあなたの状況や気持ちの在り方によって詐欺にひっかかってしまったなんて事もあります。

今回はアマゾンギフト券にまつわる詐欺を一挙公開しますので
下記の様なケースに遭遇した時には、素直に応じないで良く考えてから行動を起こしましょう。

①アマゾン関係者を装った不当請求詐欺

アマゾン関係者を装い、SMS、メール、電話、DMなどを用いて近寄ってきます。

「有料動画の未払いがある。」「プライム会員の未払いが長期にわたってある」なので少額訴訟を起こします!等と言って脅します。

訴訟を取り下げる場合は、アマゾンンギフト券を購入し、
裏側のコード番号を教えろ」
などと言ってきて、コード番号を画像に撮って送らせたりします。

 

Amazonの本部がメールでギフト券を送れなんてことはまずありません。

仮にプライムは払わなかったとしても、契約が更新されないだけです。

②振り込め詐欺

この詐欺は広義な言い方のですが、振り込み方法が銀行ではなくなった際にも使われます。

従来の振り込め詐欺は、銀行に振り込めというものでしたが、盗まれた銀行口座であっても跡が残ってしまうため、アマゾンギフト券が使われるようになりました。

方法としては、コンビニでアマゾンギフト券のカードタイプを購入させて、その番号の画像を送れというものです。

③出会い系、女性絡みの詐欺

出会い系サイト、援助交際を装い、援助の先払い代金をアマゾンギフト券で支払わせる。援助交際そのものが犯罪で、詐取されても警察に被害届を出す事は出来ません。

また、猥褻な画像や動画を送って欲しければアマゾンギフト券のコードの画像を送れというものもあります。この場合、通常通り送ってくれば同社の合意の元ですので、詐欺にはなりませんが、送らない場合や他人の盗んだものを送った場合等は犯罪になります。

実際は、男性がやっている場合も多々あります。

また、その逆もございます。イケメンな男性を装って、女性から奪うというものもございます。

 

④優良な情報を餌にした詐欺

入手困難なチケットをGET出来る、優良な情報を教えます、クジに当選した、などの連絡がSMSなどで不特定多数に送り付け、興味をもった人たちを詐欺に貶めます。

その場合、情報提供料としてアマゾンギフト券を購入させてギフト券番号を送らせたりしてきます。

その情報も大した情報でない場合も多々あります。

⑤ギフト券買取詐欺

Amazonギフト券の買取業者で、アマゾンギフト券を買取りしてもらう際、
ギフト券番号を教えたにもかかわらず、現金を支払わない。

また業者に連絡をしても連絡が取れなくなってしまった。

これはネット検索で上位には出てこないような無名のサイトであったり、怪しいサイトに広告を出していたりして集客をして、騙します。

⑥SNS乗っ取り詐欺

詐欺師が不特定多数のSNSのアカウントを乗っ取り、
「財布落とした」「助けて欲しい」など、なんらかの理由をつけて友人などにアマゾンギフト券を送らせる方法。

これは、別のサイトでの共通のパスワードを使ってたりする際に使われたりします。

⑦アマゾンアカウント乗っ取り

アマゾンアカウントを乗っ取ってギフト券を大量に購入する手口もあります。
アマゾンギフト券を購入しても購入履歴には載りませんので
請求書が来るまで気が付かないケースも多いです。

この場合は、まずクレジットカード会社に相談しましょう。

二段階認証等の設定も忘れないでください。

⑧アポイントメント商法

景品、プレゼントが当選したと嘘をつき、商品の引き渡しの代わりにお金を請求する詐欺をアポイントメント商法といいます。

最近では現金ではなくアマゾンギフト券を支払わせるケースが増えています。
プレゼントは人気でなかなか購入出来ない誰でも耳にした事のある商品が引き換えの対象になります。

近年では任天堂SWITCHがその対象に良く使われていました。

⑨融資詐欺

融資詐欺とは銀行などで融資を受けられなくなった人からさらにお金をむしり取る行為です。

「お金を融資するには保証金が必要」とターゲットに金銭を要求し、お金を振り込まず姿をくらます手口です。
近年では現金ではなくアマゾンギフト券を詐取する手口が流行しています。

Amazonギフト券にまつわる詐欺の解決法

正直なところ、送ってしまったらもう取り返しがつかないことがほとんどです。

基本的には、アマゾンギフト券で支払えというものは、怪しいということを肝に銘じて置く必要があります。

何かやましいことがなければ、わざわざアマゾンギフト券で払わせるということはございません。

①全く知らない人から、アマゾンギフト券を送って欲しいというものには無視しましょう。ただし、リスク込みで実際に何か欲しいと思った場合は自己責任です。

②二段階認証やパスワードは極力変更しましょう。乗っ取り系の詐欺は非常に危険です。パスワードを別々のものを使ったり、二段階認証を行うことでそうした危険から身を守りましょう。

ギフトグレースはそうしたギフト券も一切取り扱いを行いません。

弊社ギフトグレースはAmazonギフト券を扱っておりますが、そうした不正な入手のギフト券は一切取り扱いを行いません。

また分かった段階で即座にアカウント停止を行います。

そうした業者とは一切取引を行わないですし、そうした犯罪に手を貸すことも一切行いません。

まとめ

他にもいろいろな詐欺がありますが、ギフト券にまつわる詐欺の代表例を挙げてみました。

特にアマゾン関係者を用いた詐欺は巧妙で、いざ裁判となると頭の中が真っ白になってしまい、ついつい振り込んでしまいがちです。

そんな時こそ冷静になって考えるようにして下さい。